美容効果も高い育乳効果のある野菜や果物とは?ボロンとは?

スポンサードリンク

 

育乳について調べているとたんぱく質だのコラーゲンだの

育乳効果のある食材って動物性食品ばかりで太るのでは?

と思いませんか?

どこを調べても鶏肉、牛乳…

毎日鶏肉を食べるのも大変ですよね。

そこで今回は

・美容にも効果のある野菜や果物で育乳効果のある食材はないのか?

・どの食材のどの成分が育乳効果があるのか?

・育乳記事でよく見るボロンとはなにか?

 

について紹介・解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

育乳効果のある野菜や果物は

毎日の食事の中に手軽に取り入れられて飽きることなく

続けられる育乳効果のある食材があるといいですよね。

それが野菜と果物にあるんです!

野菜や果物は気を付けていても不足しがちだし、

美容効果もあるのでぜひ積極的にとりたいものです。

もちろん、これだけとっていれば健康になれる、

育乳が絶対にできるという食材はないので

日々の食生活のバランスにも気を付けましょうね。

 

ボロンってなに?

育乳効果があるとして一時期爆発的に人気となった

代表的な食材のひとつにキャベツがあります。

キャベツにはボロンという栄養素が含まれています。

このボロン、聞いただけではなんのことかわかりませんね。

これ実はホウ素のことなんです。

この食材のボロン、植物性エストロゲンとも呼ばれ

摂取することで年齢とともに減少する

エストロゲンの分泌を増やす効果があると言われているのです。

スポンサードリンク

 

ボロンの嬉しい効果

ボロンは女性ホルモンのエストロゲンを活性化させる働きがある

とアメリカの農務省も認めています。

エストロゲンに分泌が増えることで

乳腺の発達が起こり

その周りに脂肪がつくことで

バストアップにつながります。

もちろん、エストロゲンの分泌が増えるので

・美肌やスキンケア効果

・美髪効果

・更年期障害の予防や改善

・月経前症候群の改善

 

などが期待されます。

実際にはなにに多いの?

 

ボロンが多く含まれる野菜

ボロンが多く含まれている野菜には

・キャベツ、レタス

・ブロッコリー

があります。

 

ボロンが多く含まれる果物

ボロンが多く含まれる果物には

・りんご

・レーズンやぶどう

・桃

があります。

 

ボロンが多く含まれるその他の食材

野菜や果物の外には

・わかめや昆布などの海藻

・アーモンド

に多いですね。

他にも、豆乳はちみつにも含まれています。

スポンサードリンク

キャベツ(ボロン)の効果的な食べ方

キャベツを始め、様々な食材に含まれているボロン

色々組み合わせて楽しめそうですね。

でも、どうせ食べるなら効果的に食べたいですよね。

何度も言っていますが

まずは食生活を見直すことが第一です。

見直せたら、更にレベルアップです!

食材はさっと洗い、長時間水に漬けない

これは、ビタミンの流出を防ぐためです。

例えば、キャベツにはビタミンCが多く含まれています。

ビタミンCは水に溶けやすい性質を持つので

水に漬けてしまうと溶け出てしまいます。

このときにボロンも一緒に流れることも考えられます。

スポンサードリンク

「ボロンはとても熱に弱い」は嘘?

嘘とは言い切れませんが、

ボロンは微量元素のホウ素です。

微量元素は熱によって損なわれにくく

茹でることで流れ出ることも考えられるものの

加熱することで食べやすくなるのであまり問題としなくて

よいでしょう。

むしろ、生の野菜を食べることは体温を下げ

血の流れを滞らせてしまうおそれがあるので

NGとも言えるのでは?

ボロン食材のレシピを考えてみた

色々な食材に含まれています!

組み合わせて食べてください!

…なんて言われても、どうしたらいいかわからないですよね。

そこでボロンが多く含まれる食材を使ったレシピ例を

いくつか考えてみました。

是非参考にしてみてください。

ちなみにボロンの目安となる摂取量は1日3mg程度です。

これはキャベツで考えると1玉の

およそ4分の1~3分の1(約280g)くらいということになります。

 

キャベツとりんごのスムージー

材料(1人分)
・キャベツ葉・・・・・・・・・・・・・・・・1枚(50g)

・りんご(皮を剥いたもの)・・・・・・・・・1/4個(100g)

・豆乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・80ml

 

・エネルギー:105kcal  ・炭水化物:20.6g
・たんぱく質:3.6g    ・食塩相当量:0g
・脂質:1.9g

・食物繊維:2.5g     ・ビタミンC:25mg

 

【作り方】
1.キャベツは千切りにしておく。

2.リンゴは一口大に切る。

3.ミキサーに全ての食材を入れなめらかになるまでまわす。

【point】
ボロンで有名なキャベツとりんごのスムージーです。

ミキサーがあればだれでも簡単に作れます!

食物繊維や栄養素がまるごととれるのでおすすめです。

甘さが欲しい方ははちみつを入れてもよいですが、

その場合糖分が増えてしまうので注意が必要です。

 

育乳効果抜群のヨーグルトサラダ

材料(1人分)
・キャベツ葉・・・・・・・・・・・・・・・1枚(50g)・りんご・・・・・・・・・・・・・・・・1/2個(200g)
・ブロッコリー・・・・・・・・・・・・・・2房(30g)・ヨーグルト・・・・・・・・・・・・・大さじ2(30g)

・レモン汁・・・・・・・・・・・・・・大さじ1(15g)

・はちみつ・・・・・・・・・・・・・大さじ1/2(10.5g)

・塩コショウ・・・・・・・・・・・・・・・・・少々

・アーモンド・・・・・・・・・・・・・・・お好みで

 

・エネルギー:195kcal  ・炭水化物:46.5g
・たんぱく質:3.5g    ・食塩相当量:0.4g
・脂質:2.1g

・食物繊維:5.1g     ・ビタミンC:97mg

 

【作り方】
1.りんごはいちょう切り、キャベツと茹でたブロッコリーはお好みの大きさに刻んでおく。

2.ヨーグルト、レモン汁、はちみつ、塩コショウはドレッシングになるためよく混ぜ合わせておく。

3.ナッツは最後にトッピングする。

【point】
今回もキャベツとりんごを用いています。

ドレッシングにはヨーグルトを用いたんぱく質も含まれているので

育乳効果がさらに期待されます!

このときに使用するヨーグルトは無糖タイプのものにしましょう。

スポンサードリンク

ナッツとレーズンのかぼちゃサラダ

材料(1人分)
・かぼちゃ・・・・・・・・・・・・・・・1/16個(75g)

・クリームチーズ・・・・・・・・・・・大さじ1/2(10g)

・レーズン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5g

・ミックスナッツ・・・・・・・・・・・・・・・・5g

・マヨネーズ・・・・・・・・・・・・・大さじ1/4(3g)

・塩コショウ・・・・・・・・・・・・・・・・・少々

 

・エネルギー:168kcal  ・炭水化物:20.9g
・たんぱく質:3.4g    ・食塩相当量:0.8g
・脂質:8.4g

・食物繊維:3.3g     ・ビタミンC:32mg

 

【作り方】
1.かぼちゃの種をくりぬき、5センチ角程度に切る。皮は好みで残す。耐熱ボールに入れ少し水をかけラップをしレンジで柔らかくなるまでチンする。

2.ミックスナッツは包丁で粗みじん切りにする。

3.かぼちゃを耐熱ボールで潰す。

4.かぼちゃの粗熱がとれたら、クリームチーズ、レーズン、ナッツ、マヨネーズを加えて混ぜ、塩コショウで味を整える。

【point】
かぼちゃを茹でると栄養素が流れ出てしまう可能性があるので、

可能であれば蒸し器で蒸すチンするといった方法が良いです。

また。ミックスナッツは細かくしすぎずに大きめにすると

食感が残り食べていても満足感が十分に広がります。

これから秋ですので、旬のかぼちゃは栄養素が多い時期です。

旬の食べ物にも目を向けてみました。

まとめ

今回は育乳効果のある野菜・果物について

ボロンという栄養素の視点から解説しました。

動物性食品ばかりかと思った育乳食材には

植物性の野菜や果物なんかもあることがわかりましたね。

ききなれない栄養素だと混乱しがちですが

ひとつひとつ考えていけば簡単です!

レシピもぜひつくってみてくださいね。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です