【レシピ】簡単!育乳スムージーのレシピ

スポンサードリンク

 

 

「できるだけ簡単に育乳したい!」

そう思ってるあなた!

この記事では

・育乳効果のあるスープレシピとは?

・それぞれの食材はなぜ育乳にいいのか?

 

について紹介していきます。

是非参考にしてくださいね。

でもその前に、

「ただその食材だけ食べていればいい」

という食材はないので

バランスのよい食事について理解しましょう。

簡単な食生活改善で育乳!そんなことは可能なのか?

スポンサードリンク

スムージーについて

スムージーとは

スムージーってなんだろう…

これは最近までの私の疑問です(笑)

近年よく聞くようになり、

お店のメニューでも頻繁に目にしますね。

スムージーは

凍らせた果物、又は野菜等を使ったシャーベット状の飲み物

材料そのものを凍らせる点でフローズンカクテルやシェイクと異なる

なるほどなるほど、材料そのものが凍った飲み物なんですね!

 

基本の作り方

ではそのスムージーはどのようにして作るのでしょうか?

一般的な作り方の紹介です。

1.細かく切った果物や野菜等を冷凍庫で凍らせておく。

2.凍った材料を牛乳やヨーグルト、アイスクリームや氷等と一緒にミキサーに入れる。

3.コップに注ぎ、好みでミントや果物等を添える。

 

なんだか簡単にできそうですね。

甘い方が好きな方は蜂蜜やガムシロップを入れても良いそうですが、

その場合糖分が多くなって血糖値の上昇につながるので気を付けましょう。

嬉しい効果

手軽に取り入れられそうなスムージー、

実は嬉しい効果がたくさんあります。

1.野菜摂取量が増える

ドリンクとして野菜を取り入れることで、

手軽に野菜をとることができます。

 

2.果物や野菜をまるごととれる

ミキサーを使い細かくするので、

食物繊維がのこります。

また、加熱することで逃げてしまう栄養素なども

まるごとそのままとることができます

このため、便秘解消効果自律神経の安定

ひいては美容効果が期待されます。

 

3.酵素もとれる

身体をスムーズに動かすために必要なものに酵素があります。

スムージーからは果物や野菜に含まれる酵素もとれます。

 

4.日々の食生活に手軽にプラスできる

ミキサーがあればだれでも簡単に作れますので、

料理が苦手な人や忙しい人にもおすすめです。

 

スムージーには嬉しい効果がたくさんあるんですね。

これに育乳効果のある食材を組み合わせたら…

手軽に育乳に必要な栄養素がとれそうですね!

スポンサードリンク

 

スムージーレシピの紹介

ここから、育乳スムージーのレシピ例を紹介します。

お好みに合わせて、材料をプラスしてみてください。

 

きな粉とバナナの豆乳スムージー(1人分)

・豆乳100ml

・バナナ1本(100g)

・きなこ大さじ2(30g)

 

・エネルギー:267kcal  ・炭水化物:34.2g
・たんぱく質:15.7g   ・食塩相当量:0g
・脂質:9.9g

・食物繊維:6.7g    ・ビタミンC:16mg

 

なんと成人女性が1日必要な食物繊維の1/3がとれます!

 

キャベツとパイナップルのスムージー(1人分)

・キャベツの葉5~6枚(300g)

・パイナップル(缶詰)1口大のもの5~6切れ(35g)

・水50ml

 

・エネルギー 98kcal  ・炭水化物:22.7g
・たんぱく質:4.0g   ・食塩相当量:0g
・脂質:0.6g

・食物繊維:5.6g    ・ビタミンC:125mg

 

キャベツには育乳に嬉しいボロンという成分が含まれています。

 

驚くかもしれませんが、材料はこれだけです。

お好みで蜂蜜やオリーブオイルを追加しても良いですが、

先ほども述べたように糖分や脂質が多くなるので注意してください。

スポンサードリンク

 

飲むタイミングは?

基本的には、自分の生活リズムなどを考え、

取り入れやすい時間に飲むことをおすすめします。

無理にタイミングを決めてしまうと、

それを守ろうとすることに意識がいき

続けることが大変な作業と思ってしまうためです。

また、より効果的な方法を求めるのであれば

スムージーに含まれる食材によって変えるのが良いと思います。

例えば、

ヨーグルトが入ったスムージーは腹持ちがよいので

朝食に取り入れ、間食を防ぎましょう。

豆乳や牛乳は就寝中に吸収されることを狙い

夜に飲むようにしましょう。

含まれる脂肪やたんぱく質は胸を作るのに有効な栄養素です。

スポンサードリンク

 

まとめ

スムージーに関する情報やレシピ例について紹介しました!

お洒落で手の出しにくいもの…と思っていましたが、

ミキサーがあればだれでも簡単に取り入れられることがわかり

また、様々な美容効果もアリまさに一石二鳥!

ということがわかりましたね。

自分の生活リズムに合わせて取り入れてみましょう。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です