育乳にもゴールデンタイム!?効果的なバストアップには睡眠が不可欠

スポンサードリンク

 

バストのサイズを大きくしたり、形を整えたり…
より美しいバストを目指して行う「育乳」。

女性らしさがはっきり出るところだからこそ、頑張りたいですよね。
しかし、出来るだけ効果的・効率的に育乳したいのも事実。

この記事では、育乳と睡眠の関係について解説します。
肌は聞きますが、育乳のゴールデンタイムとはいつでしょうか?

睡眠は毎日とるものだからこそ、うまく使って育乳に役立てましょう!

育乳ゴールデンタイム

育乳ゴールデンタイムは睡眠中

育乳に効果的な時間は睡眠中です。

睡眠中には、成長ホルモンというホルモンが多く分泌されます。
成長ホルモンとは、筋肉や骨の成長を促すホルモンです。
また、炭水化物、タンパク質、脂質という身体の構成成分の新陳代謝をも促進します。

綺麗なバストにはタンパク質と脂質が不可欠ですよね。
ですから成長ホルモンは育乳に欠かせないホルモンなのです。

成長ホルモンは成長期に分泌されるイメージがありますが年齢を重ねても分泌は続いています。
しかし、分泌量は年々減ってしまいます。
なので分泌の多い時間帯に、それを活かすようにするのが大切です。

成長ホルモンは、夜22時から深夜2時にかけて最も多く分泌されます
これは綺麗な肌を作るためのゴールデンタイムとして聞いたことがあるでしょうか?
この4時間のあいだに寝ることは肌にもバストにも良いことなんですね。

でも、深い睡眠が取れない、という人もいるのではないでしょうか?
成長ホルモンは深く、質の良い睡眠によってたくさん分泌されます。
ここからは、質の良い睡眠をするためのコツを紹介します。

育乳の成功の鍵は質の良い睡眠

質の良い睡眠のために①睡眠前の習慣

質の良い睡眠のためには、睡眠中だけでなく睡眠前も大切です。

就寝前は3時間前までにご飯を食べる

食べたあとすぐの身体は消化にエネルギーを使っています
この時間が、約3時間程度と言われています。

ですから、食べてからすぐに寝てしまうと深く眠ることができません。
結果として、寝たはずなのに疲れが取れない、ということになります。

就寝前、1時間はブルーライトを見ない

ブルーライトは、スマートフォンやパソコンから出ている光のことです。
この光は脳に作用し体内時計を狂わせるということがわかっています。

就寝直前までこの光を見ることによって眠れなくなります。
寝る前は出来るだけ画面を見ずに過ごすと良いでしょう

身体を芯から温める

深い眠りにつくためには、リラックスしてる状態が大切です。
この状態を作るためには副交感神経を活動させると良いとされています。
副交感神経に働きかけるために有効なのが、身体を温めることです。

忙しい日々が続くとついついシャワーだけになりがちです。
浴槽に浸かると温まりやすいですが、時間が取れない時には足湯もおすすめです。
浴槽に少しだけお湯を貯め、足をつけながら身体などを洗いましょう。

また、寝るまえのストレッチやホットミルクもおすすめです。
無理せずに続けられる自分に合った方法を探しましょう。

質の良い睡眠のために②睡眠中の習慣

枕は頭の重さを支えている首や肩を休めるためのものです。
そのため、「大きさ・たかさ・素材」が合っていないと逆効果に。

就寝中に枕から外れるのを防ぐために、大きさは出来るだけ大きいと良いでしょう。
枕の高さは仰向けに寝て「背骨が緩やかなS字」になる高さがちょうどいい高さです。
素材については、好みがありますので実際に触って決めるのがおすすめです。

姿勢

うつ伏せや横向きに寝るのは望ましくありません。
バストが潰れる・流れることの原因となり、形が崩れてしまいます。
また、血行が滞ることにより効果的に作用してくれません。

寝るときには、仰向けで万歳をするような姿勢で寝ると良いでしょう。
万歳をするとバストが引き上げられた形になります。
少し意識するだけでも綺麗なバストは作ることができます。

さらに効率よく育乳するためには

ここまでは睡眠中の習慣についてご紹介しました。

実はプラスアルファで取り入れると効率的に育乳できるものがあるんです。

睡眠中はナイトブラをつける

睡眠中に育乳をするために重要となってくるのがナイトブラ
インスタグラマーなども紹介しており、知名度が上がってきていますよね。

ナイトブラは、寝ている間のバストにかかる重力などの負担を考えて作られています。
なんのケアもなく寝てしまうことで垂れる・崩れるの原因になることも。
そんな、自分では防ぎきれないバストの衰えをナイトブラは防いでくれます。

詳しくは、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。
育乳に関する基礎知識がぎゅっとつまっています。

関連記事:育乳とは?正しい育乳方法を知っていますか?

amazon・楽天で購入できるナイトブラ

最近は育乳やバストアップが一般的になってきましたよね。
それでも、人に知られるのは少し恥ずかしいかも…という人もいますよね。

そこでおすすめなのがAmazonや楽天で購入する方法
この2つは大手のインターネットショッピングサイトですから、安心感があります。

発送するときに商品内容をぼかしてくれるものもあります。
家族などと一緒に生活している場合には、その点も嬉しいですよね。
着用感などは口コミをみて選びましょう。

関連記事:Amazon・楽天で買える!育乳ブラ・昼夜兼用や価格別まとめ

オススメのナイトブラ「モテフィット」

元てれび戦士のてんちむこと橋本甜歌さんがプロデュースしているナイトブラを知っていますか?
モテフィット」といい、口コミもとても高く、今一番売れているナイトブラのひとつです。

もともとバストが小さかった橋下さんがバストアップした経験を生かして作られています。

橋本甜歌さんのナイトブラ「モテフィット」についてはこちらの記事で紹介しています。
今しか適用されないお得な情報もあるのでぜひ読んでみてくださいね。

関連記事:高くても効果のある話題のモテフィットとは!?効果や口コミは?

おまけ・息抜きも大切!スイーツゴールデンタイム

スイーツゴールデンタイムとは

美容に気をつけている方はスイーツを食べないようにしている方も多いはず。
それは育乳をしている方も同じですよね。
しかし「なんとなく悪そうだから」と敬遠していませんか?

育乳中も時間内容に気をつければ味方になってくれるんです。

スイーツゴールデンタイムは、消化・吸収・排泄のリズムに沿って考えられた時間のこと。
現代の日本人の身体には1日3食が適当と言われています。
そのリズムに合わせてスイーツを食べるのです。

1日を大きく分けていきます。

午前4時から昼12時の間は排泄の時間です。
それまでに食べたものを消化吸収し、身体に必要ないものを外に出します。

昼12時から夜の8時までは栄養補給と消化の時間です。
日中は勉強をしたり仕事をしたりする人が多いですよね。
食事によって栄養補給を行い、吸収しやすい形に消化します。

夜の8時から翌朝4時までは吸収の時間です。
消化したものを身体に取り入れ、エネルギーなどにします。

この中でも、昼の2時から4時までの間は、食事が脂肪になりにくい時間です。
つまり、この時間に食べることで身体に蓄積されにくくなります。

好きなものを我慢するのは、目標のためとはいえ苦しいですよね。
ですので、この脂肪になりにくい時間をうまく利用し息抜きを行いましょう。

では、育乳に良いスイーツを紹介していきます。

育乳中にぴったりなスイーツ①ナッツ類

育乳中にぴったりなスイーツの1つ目は、ナッツ類です。

ナッツ類には良質な油脂であるオメガが含まれています。
油脂や脂肪というのは悪であると認識されやすいものです。
しかしこのオメガは不飽和脂肪酸という脂肪で、身体に良いことが実験で明らかになっています。

美容を気にする方にとって一番怖いのが食欲ですよね。
ナッツ類に含まれるω-3系脂肪酸は食欲抑制効果があることがわかっているんです。
これは体内で作ることができないので食事からとることが大切なのです。

最近では、ナッツ類の栄養に注目した飲み物なども増えていますよね。
手軽にとれて満腹感もあるため、小腹が空いたときにはナッツ類を食べてはいかがでしょうか。

育乳中にぴったりなスイーツ②フルーツ

育乳中にぴったりなスイーツの2つ目は、フルーツです。

フルーツには、様々なビタミンや酵素、食物繊維が含まれています。
ビタミンや酵素は身体を整える働きを持っています。
一部は体内で作られますが、そうでないものもあるため注意が必要です。

食物繊維は、食べ応えがあり満腹感を与えてくれますよね。
これにより食べ過ぎることを防いでくれます。
育乳に大切なのは規則正しい生活・食生活です。

これを支えてくれるのがフルーツというわけです。

生のフルーツは高く、食べるのにも手間がかかります。
なので、ドライフルーツなどを利用し賢くスイーツタイムを楽しみましょう。

まとめ

今回は、育乳のゴールデンタイムについて紹介しました。

睡眠というゴールデンタイムと、スイーツゴールデンタイムについてわかったでしょうか?
忙しい日々が続くと見逃しがちですが、時間を味方につけて綺麗なバストを手に入れましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です